亜鉛が欠乏すると肌トラブル、不妊症、記憶力低下も

 

亜鉛が欠乏すると肌トラブル、不妊症、記憶力低下も

ミネラルのひとつ、亜鉛はきちんと摂取することが重要。不足しがちになると色々な問題が生じやすくなるほど、その効果は広範囲。

 

が、単に基準値どおり摂取したから安心というものでもなく、どういう組み合わせで食べたのかにより、きちんと体内に吸収されるか結果が変わってしまうことも考えられます。

 

つまり、食材同士の調和が大切、ということです。

 

ひとむかし前の栄養学からビタミン、ミネラルのように人体に多く摂り込むべき栄養素が大まかな情報として重要視されてきました。

 

20種類程度の種類に分類されるミネラルの中のカリウム、ナトリウム、マグネシウム、カルシウムといった多く必要とする栄養素は以前から摂取することが認知されてはいました。

 

しかし、鉄分、ヨウ素、そして亜鉛のように微量であっても比較的不足しがちな「微量ミネラル」が大切であると近年注目されるようになっています。

 

 

・亜鉛の大切さ
皮膚生成、ホルモン生成に関して亜鉛は欠かせない成分。たとえば、肌を今よりキレイにしたい場合、加齢によるシミを防止したい場合、亜鉛をきちんと摂取する方法を探しておくと良いでしょう。

 

ホルモン生成に亜鉛が活躍するのですが、ホルモンが体内に不足している場合、成人男性なら自身の性欲が衰える影響が心配です。

 

また、男性特有の問題として精子を生成する際にも亜鉛は必要ですし、女性の場合は卵子に亜鉛が消費されるため、亜鉛が過度に不足してしまうと不妊症のリスクが考えられます。

 

男女ともにアルコールを摂取時、分解機能に活躍するのも亜鉛であるため、不足してしまうと結果として酔いがさめにくくなる二日酔いの問題も。

 

ちなみに、大人にとっての問題だけでなく、年齢関係なく記憶能力にも亜鉛はとても大切。受験勉強の最中である学生さんにも積極的に摂取してもらいたいのが亜鉛なんです。

 

なんだか、記憶力がさえないなぁ、と感じている場合はもしかしたら亜鉛が不足しているシグナルかも。
あわせてよむとおすすめ:亜鉛欠乏対策サプリ

亜鉛の摂取で代謝促進、育毛対策

抜け毛が気になる人なら誰もが考える「育毛」ですが、きちんと生えてくる状態にするためにはミネラル成分を摂取することがとても重要です。

 

ワカメ、昆布が育毛効果があるとして注目されるように、ミネラルを摂取して髪の毛の成長を促すのが効率的な方法として知られています。

 

 

・精力減退、薄毛に悩む人は亜鉛不足かも?

 

成人男性の精力を維持する働きを支えるのが亜鉛。亜鉛は精子の生成にも消費されています。そのため、亜鉛を配合した男性向け精力剤は以前から出回っており、男性用の問題には欠かせない成分としておなじみですね。

 

また、亜鉛には男性の薄毛にも嬉しい効果が。
男性の悩みのひとつに脱毛(または円形脱毛症)があるのですが、この原因として考えられるのがアルファリダクターゼ。

 

男性ホルモンの「テストステロン」をアルファリダクターゼにより「デヒドロテストステロン」へと変質させる過程の中で男性特有の脱毛症を誘発します。

 

アルファリダクターゼの動きを止められれば、髪の毛トラブルも自ずと改善していく、期待ができます。

 

 

・私たちの代謝に必要な亜鉛

 

精力向上や、薄毛の対処にも大きな助けになる亜鉛ですが、そのほかにも体内全体の細胞全体の能力をアップさせ、新陳代謝を活発にする際にも活躍します。

 

代謝機能は加齢とともに衰えてくるため、底上げすることで丈夫な身体を維持していくことが可能となります。最近太ってきたと感じる人は代謝が衰えているのが原因かもしれません。

 

体内の細胞が活性化し、代謝が活発となることで育毛環境にも良い影響をもたらし、生え変わりのサイクルを生み出す効果が期待できます。

 

もしも「最近、抜け毛が気になるし、体型が崩れてきたなぁ」と感じている場合、亜鉛を補う生活習慣に切り替えてみると良いでしょう。

 

 

 

 

アレルギーがある人の、葉酸選び

「天然」や「自然原料」などといった食材や、サプリメントなら全部安心で、安全と思いがちですが、摂取する方の
その時の体調や、アレルギー等の体質によって、かゆみやじんましんといったアレルギー症状が出ることもあります。
さらに、サプリメント等で摂る場合、天然のものと比べて、気軽にたくさんの量を摂れてしまうので、過剰に摂取して
しまうと、アレルギー症状出てしまうこともあります。葉酸を食べ物から摂る場合、摂りすぎになるケースはまれとは言え、
過剰摂取すると、サプリと同じ結果につながります。
葉酸を摂りたくても、食物アレルギーだったり、お肌が敏感方は気なりますね。アレルギー体質だったとしても、葉酸を
摂れないという事はないのですが、アレルギーのない方に比べれば、リスクはつきまとうものです。
ここでは、アレルギー体質の方が葉酸を摂るときに気をつけたいポイントを説明します。

 

○葉酸を摂る方法
葉酸は水溶性のビタミンB群の一種で、普段の食事でも摂取できますが、葉酸を配合したサプリメントも最近では
いろいろな商品が出回っています。どちらを利用するにしても、他の食品で重いアレルギー症状が出る方は、葉酸の中でも、安全度の高いものをみきわめる必要があります。
まず、食材で摂る場合、オーガニック野菜などの、無農薬のものを選び、サプリメントで摂る場合は「無添加」や
「天然素材」といったものを選ぶのが大事です。
全てのサプリメントが、天然・自然由来の原材料を使っているかというと、実はそうではありません。サプリメントの中には、
化学合成された物もあります。その中には石油系などの材料を用い、低コストに製造されている物も多いといわれています。
全くアレルギーのないという方でも、ましてアレルギー体質の方でしたらなおさら、無添加で、全て天然由来の原料を使っているサプリメントを
選び、使用前はかかりつけの医師等に相談する等、無理なく摂ることが大切です。

 

○葉酸は、アレルギーの治療に役に立つ?
葉酸は、毎日適正な量を摂取することで、人間の体の新陳代謝を高める効果が期待できます。
人の体は、毎日代謝を繰り返し、不要な物を排出し、浄化するように作られているのですが、この新陳代謝がうまくいかないと、体の中から
不要な物が出ていかず、体調不良やアレルギー体質の原因になってしまう考えられます。葉酸を摂って代謝を高めれば、アレルギー体質を
改善できる一つな有効な手段といえるでしょう。
葉酸は、食品から摂る分にはほとんどアレルギーの心配はない成分ではありますが、葉酸が含まれる特定食材の中に、万が一
アレルギー反応が起きてしまう場合、他の食材で少しづつ様子を見ながら摂取してみるか、無添加のサプリメントで摂るという
方法もあります。